日本の医療に対する需要の高まり

国外で助けを求めている人に、医療従事者として手助けしたいと思案している看護師の方もいるでしょう。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、看護師は常に求められているのです。当然ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。
私の顔見知りの看護師が、つい先日、入職をしました。
ラクそうな病院に見えたのに、どうして入職をしたの?と理由を質問してみると、「暇でしょうがなかった。といったことでした。なるべくなら、仕事をしたくないと思っている人が多い中で、知人のような人もいるんですね。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、他の病院から入職してきた看護師の場合、労働に見合うだけの残業手当が出ないという職場があるといいます。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、勤続年数や経験などは関係せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。

残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、報酬を得なくてはなりません。

日本全国の看護師の年収は平均してみると437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての仕事のため、年収を平均してみると593万円ほどになります。
公務員看護師は給与上昇率も民間病院と比較して高く、福利厚生も完備しています。
準看護師を例にとると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。

早くに退職する看護師はけっこうたくさんいます。

ほとんど女性の現場ですから、人間関係が悪くなりやすく、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。

他の仕事と比べて看護師ならいつでも再就職できるので、希望する労働条件とすごく異なる際には、退職し、違う病院などに入職する人も多いでしょう。看護師として働く時、辛くないといわれているのが、外来勤務によるものです。

もちろん、人の命を預かるという責任は同じことですが、夜に勤務する必要がない、休みが取得しやすいなどの理由により外来勤務希望の人も増えています。

私の友達にも、看護師をしている人がいて、けっこう給料が高いと羨ましいと言われています。ですが、看護師の仕事内容は、夜勤もあり、規則正しい暮らしを送りづらく、職場の環境も、女性が占めているという特殊なところであるため、ストレスを抱えている方も多いようです。以上のことを考えれば給料が高いのは、当然のことかもしれません。病院に入院している知り合いのお見舞いに行った時のこと、慌しく看護師が複数の患者さんのサポートを行っているのを頻繁に見かけました。患者の中には体が不自由なために、何度もナースフルコールを行う人もいました。看護師さんの日々の作業は、見舞い客が客観的にみても、つねに苦労が絶えないと思います。看護師の場合でも入職がいくつかあるとマイナス評価となるのかというと、確実にそうであるとは限りません。
自己アピールの方法次第で、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージをつけることもできますね。
しかし、勤務の期間がほんの少しであると、どうせすぐにやめてしまうと思われる可能性が高いでしょう。

土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。
病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。

変則的な出勤があったり、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、それでも、土日はかなり休める印象です。他には、個人の病院で入院施設がなければ、そういうところでは大体は土曜、日曜、祝日は、お休みです。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、ほぼ希望を通してくれる病院もありますし、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。
全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、充分に考えられた配属であることが殆どです。
それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。

少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。

労働環境は、決して整っているとは言えず、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死に至った看護師もいました。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。
前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。ただし、そうしてうまく、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。
例を挙げるなら、結婚や転居、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。

実際に、こうして働いている看護師は多いです。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってきて、働く人も増加中です。

結婚相手として男性から人気が高い看護師が、意外と未婚の人が多いようですね。

具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えるようです。
晩婚の理由として多いものは、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。
看護師への求人は数多くありますが、希望する条件に合った求人が見つかるとは限りません。
看護師資格を持っている方で就職ができさえすれば良いと思っている方は少ないでしょう。なるべくならば給料が高くて職場環境も良く、夜勤がないところで仕事がしたいと考えている方が多いものです。
望み通りのところに入職するには、情報を集めることが必要になってきます。

入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。
ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。
あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、それを活用できるポジションにつくことができるでしょう。
ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。普通、注射や採血は看護師が行うものです。

注射されるのが好き、なんていうタイプは少数派でしょうが、どうしても打たれなければならないなら、出来るだけ痛くないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。
とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、痛みなく処置してくれる看護師もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。
こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。世間では、看護師は取り組みがいのある仕事だといわれています。どんな職業でも直接人と向かい合うことがなくなる傾向にあります。
一方、看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという点においてチャレンジングだと感じる方が多くいるのでしょう。

看護師の不足は大きな問題です。

原因は様々ですが、その一つとして看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。

最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取るのも困難なのです。
交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、看護師の職を離れる人も珍しくないのです。

もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合のプラス面とマイナス面について理解しておきましょう。
まず、手術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、スキルアップに繋がります。

残念なことは、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期間じっくりと同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks